Todoistのメールとカレンダー連携が新しくなります。

デジタル時代の三種の神器といえば、Todoist、Gmail、Googleカレンダーですね。

個々に使うと便利なのですが、一緒に使おうとするとけっこう面倒ですよね。

Todoistは、メール+カレンダー+Todoistをよりストレスフリーに使えるように、カレンダーフィードとメールでタスク追加機能を大幅に改善しました。

Todoist+カレンダー

Todoistのプレミアム版では、iCalのURLを生成する機能があります。iCalとはカレンダーデータの一種で、これをOutlookやGoogleカレンダーにインポートすると、OutlookやGoogleカレンダーにTodoistの予定を表示できます。しかも、Todoistでタスクの予定を変更すると、カレンダーに変更が自動的に反映されます。*1

project_cal

プロジェクトを開いたら、画面右側の工具アイコン(プロジェクトメニュー)をクリックします。次に、「プロジェクトをカレンダーにエクスポートする」をクリックし、最後にTodoistの予定を表示したいカレンダーを選択します。

もちろん、カレンダーはいつでも無効にできます。

Todoistxカレンダー

例えば、こんな用途があります。

  • クライアントとプロジェクトをカレンダー形式で共有して、プロジェクトの進捗や工程を共有する。
  • チームメンバーとプロジェクトをカレンダー形式で共有し、ロードマップを共有する。
  • 自分のカレンダーにTodoistのタスクを表示する。
  • 奥さんとカレンダーを共有する。

話はそれますが、TodoistはGoogleカレンダーとの相互同期の開発を進めています。来年の第一四半期にはリリースする予定です。

Todoist+メール

Todoistのプレミアム版では、プロジェクトにメールを送ることで、メールでタスクを追加することができます。しかし、恥ずかしながら使いやすいとは言いづらいものでした。特にHTML形式のメール場合は、書式が崩れてしまうからです。

そこで、Todoistの開発チームはメールでタスク追加機能を一から見直し、大幅な改善を行いました。

project_email

プロジェクトを開いたら、画面右側の工具アイコン(プロジェクトメニュー)をクリックします。次に、「このプロジェクトにメールでタスク追加する」をクリックします。プロジェクトのメールアドレスが表示されますので、このアドレスに新規作成したメールを送ったり、受信したメールを転送します。

メールの件名がタスク名になり、本文がコメントとして追加されます。

アップデートにより、タスクの追加だけでなく、プロジェクトコメントをメールで追加することもできるようになります。

email

例えば、こんな用途があります。

  • メールのフォローアップ
  • メールをタスク化

今後ともTodoistをよろしくお願い申し上げます。

*1 Googleカレンダーの自動同期は、5時間から8時間おきに行われます。残念ながら、これはGoogleカレンダー側の仕様につき、更新頻度を上げることはできません。

最後までお読みいただきありがとうございます。タスク管理や、ストレスフリーの仕事術、Todoistについてもっと知りたい人は、『Todoist日本語ブログの人気記事をぜひご覧ください。

Todoistは10以上のプラットフォームで使える、直感操作でストレスなく使える、500万人以上に愛されているスケジュールアプリです。今すぐ無料で予定を管理してみましょう。もしくは、もっと知りたい方はこちら